▲マドリードのバラハス国際空港。ここからモスクワ経由でなつかしの日本へ帰る。

47日間の旅が終わった
【46日~47日目12年10月24日(水)~25日(木)Madrid➔成田

 6時30分起床。トレンオテルの食堂車で朝食。
 やはり寝不足気味だ。熟睡感はまったくない。列車ホテルとはいうものの、アルベルゲのベッドのほうがまだ寝心地はいいな。

▼食堂車。今、6時55分。ほかにお客はいない。

▼朝食はこんなもんだ。

 マドリードのチャマルティン駅に着いたのは定刻の8時2分。これから先は、飛行機の座席に座るまで油断禁物だ。海外の慣れないひとり旅で最も緊張する時間の始まり。

 駅前からはタクシーでマドリード・バラハス国際空港へ。降りるときメーター料金以外にお金を請求された。事前にネットで情報を得ており、こいつが空港発着料金というやつか、とすんなり払う。たしか5ユーロぐらいだった。

▼夜明け前のタクシーは快適に走り、マドリード市内を抜けていく。観光もせずに素通りだが、いずれまた。

 第1ターミナルに入る。8時32分。駅から空港まで順調そのもの。モスクワ経由成田着のアエロフロートロシア航空便は11時25分発だ。あと3時間もあるから、仮にトラぶっても余裕しゃくしゃくというところ。

▼首都マドリードの国際空港だけに人は多い。

 ロシア航空のカウンターでチェックイン。リュックを預け、ようやく身軽になる。ショルダーバッグだけの軽いこと。

 スペインに来るときはリュックを機内に持ちこんだ。買うときから持ちこめるギリギリの大きさのリュックを選び、紐でしばりあげてダブつきをとり、見た目をスマートにしたら、問題なくOK。それもこれも、ロストバゲージがコワいからだ。ロシア航空の評判はあまりよくなかったし。

 でも、帰りとなれば話は別。万が一紛失しても、保険で買い替えればすむ。貴重品はショルダーバッグに入れて機内に持ちこむからね。

 保安検査も出国審査も問題なし。それほど時間もかからず、搭乗ゲートまで来てしまった。こんなに順調でいいの?
 いいんだよ。それだけ旅に慣れたということだ。

▼マドリード・バラハス国際空港。天気は下り坂のようだ。これまでのクセで空の様子が気になってしまう。

 30ユーロほど残っていたお金は、ちょっとしたお土産を買って使い切った。リュックから出しておいた円札を財布に入れ、帰国の準備完了。さあ、帰るとするか。

 マドリード発11時25分➔モスクワ着18時10分
 モスクワ発20時00分➔成田着(翌)10時20分

 飛行機はトラブルもなく、ほぼ予定どおり成田に到着した。
 9月9日に日本を出発してから47日目、10月25日にわたしのサンティアゴ巡礼の旅は無事に終了した。 (完)


ページTOPへ   HOMEへ

     ◆聖地巡礼:カミーノ・デ・サンティアゴ