▲珍しいものを見つけた。赤い矢印ステッカーは、四国お遍路でおなじみの道しるべだ。貼ったのは日本人?
HOME 聖地巡礼 はじめに 第1部=1日目~25日目  第2部=26日目~47日目
26日目 27日目 28日目 29日目 30日目 31日目  32日目 33日目 34日目 35日目  36日目
37日目 38日目 39日目 40日目 41日目 42日目 43日目   44日目  45日目 46日~47日目 

楽勝と思いきやバテバテ
【35日目12年10月13日(土)晴れFonfria➔Samos17.8km/累計654.2km

 6時に目が覚めたが、起きたのは7時30分。今日はのんびり行くつもりだ。身支度をして出発したのが8時20分と、いつもより遅い。

 アルベルゲの外に出ると寒い。道路わきの草むらにはうっすらと霜がおりている。フォンフリアは標高が1300メートルなので、季節は初冬といってもいいのかもしれない。

 今日はサモスまで18kmほど歩く予定だ。サモスが標高550メートルぐらいだから、高低差750mの下り。昨日が上りで今日は下り。苦あれば楽あり。今日は楽勝だな。

 村を出て県道を歩く。朝早いので車はほとんど通らない。巡礼仲間が何人か、道路わきを歩いているだけだ。それにしても寒いな。手が凍える。100円ショップの薄い手袋じゃあ、役に立たないぜ。

▼早朝の県道を歩く。手が凍えるほど寒いが、もうすぐ日が昇り気温も上がってくるはずだ。

 やがて県道を離れ山道に入る。このあたりは眺望がすばらしい。遠くの山が雲海に沈み、まるで島のように見える。さしずめ瀬戸内海に浮かぶ島々といったところか。

▼雲海に浮かぶ山々が幻想的な風景を織りなしている。

▼日が昇ってきた。山陰の牧草地は一面の霜で白っぽく見える。

▼花も霜に打たれてぐったり。このあたりは秋も終わって冬を迎える時期のようだ。

 6日前にアストルガを過ぎたあたりから山道が多くなった。それにつれて牧畜を生業としている村も増え、道のあちこちに牛の糞が落ちている。このところずっとそうだから慣れてはきたが、やはりその臭いにはへきえきさせられる。

 ま、村を通るときだけだから、我慢して早く慣れることだな。50年も昔の話だが、田舎育ちのわたしが子供のころは、日本もまったく同じ状況だった。ポタポタと糞を落としながら道を歩く馬の後を、糞をよけながら歩いていたものだ。当時の農村なら、どこでも同じだったはずだ。

 フォンフリアを出発して2.3kmでビドゥエド村を通り、そこから先はフィロバル、アス・パサンテス、ラミルと小さな村を通過してトリアカステーラの町に着く。その間6.4Km。

▼ビドゥエド村のサン・ペドロ礼拝堂。かなり古びており、今は使われていないのかも。右下にオ・セブレイロ峠で見かけたのと同じような石碑があるが、これはやはりサンティアゴまでの距離を示すものだった。
▼これはモホンと呼ばれる道標だった。ガリシア州に入ると、サンティエゴ・デ・コンポステーラまでの距離が、「K.136.5」のように示される。

 モホンについては、ガイドブックを読み返してわかった。旅に出る前に目を通したのにすっかり忘れていたのだ。

 ガリシア州に入ったのが昨日のオ・セブレイロ峠だから、距離の刻まれたモホンはそこから始まったということだ。

 モホンを見る気分は悪くない。刻々とゴールが近づいていることが実感でき、その気分は楽しいものだ。
 
 なんてことを考えながら歩いていると、畑仕事をしていたおばさんが大声で「ノー」と言う。あぶないところだった。無意識に曲がってしまった道が、巡礼路ではなかったのだ。

 少し戻り、曲がり角で確認したが、標識はない。でも、地元のおばさんが言うのだから間違いないはずだ。
 しばらくして黄色い矢印にぶつかった。ありがとう、おばさん、助かりました。

 最初はこれですんだが、2度目はそうはいかなかった。
 たぶんラミル村だと思うが、村はずれから上りになり、急坂をえっちらおっちら上り、15分ほどでようやく平坦な畑地に出た。すると今度は農作業をしていた男性から「ノー!」。

 さすがにガックリだよ。原因は矢印の見落とし。村の途中で細い脇道に入る矢印があったのだが、気がつかずに道なりに歩いてきてしまったのだ。

 時間のロスは大したことはないが、こうしたミスがたび重なると心理的にまいる。アップダウンもけっこうある道で、出かけるときは楽勝だと思っていたが、そうは問屋がおろさなかった。やってみなきゃわからない、とはこのことだ。粛々と歩くのみ。

▼これは野イチゴと山ブドウ? ものは試し、食べてみるか、1ユーロだし。……期待したほど甘くなかった。

▼トリアカステーラの入り口で見かけた大樹。何本かがねじれてより合わさったように見える。

▼10時26分、トリアカステーラのバルを横目で見て通過。まだ、残りが9kmもある。

 トリアカステーラはこのあたりでは大きな町で、公営のアルベルゲもあるようだ。町のサンティアゴ教会も巡礼者のためのミサを催すなど、時間があればゆっくり休憩したいところだが、そんな余裕がなくなってしまった。パス。

 トリアカステーラから先は、3つほど村を通り、目的地のサモスまで9.1km。これまでのようにアップダウンがあれば、3時間はかかりそうだ。これまた粛々と歩くのみ。

▼11時19分、県道を歩く。舗装道路の外側を歩くようになっているので、車は気にならない。

▼ときおり県道と交わってそこを歩くが、巡礼路はこうした山道がほとんどだ。

▼ホッとひと息つける場所。

▼小さな村ばかりで人に出会うことはほとんどない。珍しくおじいさんが歩いていた。

 1時48分、サモスの標識を通過。予想どおり3時間と少しかかっている。楽勝のはずがけっこうバテたな。もう少し距離が長かったらどうなっていたころやら。
 県道沿いのバルで休憩&昼食。店のおばさんに聞いてみると、目の前に見える建物の向こう側にアルベルゲがあると言う。よかった。これで今日の歩きは終了だ。

▼バルのテラスで昼食。通りの向うに見える重厚な建物はサモス修道院だった。

▼サモス修道院の全景。緑に囲まれたすばらしい環境の修道院だ。

▼サモス修道院のアルベルゲ入り口。受付は3時からなのでまだ閉まっていた。待っている人がひとり。

▼清潔なベッドが並ぶアルベルゲ。ドーム状の天井が室内を広く見せ、壁の絵もステキ。

 修道院が運営するアルベルゲは宿泊費無料。わたしは献金箱に4ユーロ入れておいた。
 夕食は道路をへだてた向かいにあるバル。無料のWi-Fiが使えたので、アルベルゲに戻ってから、ものは試しとやってみたが、電波が弱くてつながらなかった。もう少し距離が近ければ、ベッドに寝転びながらネットを使えたのに残念。

 最初はがら空きだったベッドもかなり埋まっている。今日は子連れの夫婦が泊まっていた。数日前にアストルガの町で見かけた人たちかもしれないな。
 子供の騒ぐ声もたまにはいいもんだ。それほど気にはならないし、寝るとするか。


つづく     ページTOPへ   HOMEへ

     ◆聖地巡礼:カミーノ・デ・サンティアゴ