▲サンタ・マリア教会の鐘楼(マンシージャ・デ・ラス・ムラス)。ここにもコウノトリの巣が見える。
HOME 聖地巡礼 はじめに 第1部=1日目~25日目  第2部=26日目~47日目
1日~2日目 3日目 4日目 5日目 6日目  7日目  8日目  9日目 10日目  11日目 12日目 13日目
14日目 15日目 16日~17日目 18日目 19日目 20日目 21日目 22日目 23日目 24日目 25日目

秋の気配を感じる
【24日目12年10月2日(火)晴れBercianos del Real Camino➔Mansilla de las Mulas26.8km/累計448.8km】

▼夜明け前の巡礼路。一本道なので迷う心配もなく気楽に歩ける。
 遠くから聞こえるニワトリの鳴き声に送られて出発。あたりはまだ夜が支配している。今日の満月は少し笠をかぶっていた。

 前方の地平線にうっすらと明るい部分が見える。かなり遠い。大きな都市の明かりのようにも見える。
 ひょっとしたらあれは、大都会レオンの明かりかもしれない。ここから47km先だから、明かりが見えても不思議ではない。

 レオン到着は明日の予定。そして明後日は休み。3度目の休養日だ。それを楽しみに今日もひたすら歩こう。

 少しずつ夜の気配が消えていく巡礼路。わたしのほかにだれも歩いていない。このあたりは迷うことのない一本道なので気が楽だ。

 朝日が昇りはじめたころ、高速道路の高架をくぐった。そして、人気のない静まりかえった村を通り抜けると、見渡す限り何もなく、広大な畑地だけが続く。

 夜はすっかり明け、茶色い畑地のかたなの地平線に、うっすらと山の連なりが見える。なんだか日本を思いだす。ここまで山のない景色が続いていたからだろうな。

▼空に浮かぶのは、すじ雲かうろこ雲か。いずれにせよ夏の雲ではない。季節は秋だ。地平線にうっすらと見える山並みが、なぜだか日本を思いださせる。

▼この並木も、5年、10年たつうちに堂々たる大木になるのだろう。そのころまた歩いてみたいものだ。今度は春がいい。
 10時30分、巡礼路脇の休憩所で小休止。休んでいた一団が出発したあとに黒っぽい上着がある。忘れ物だ。追いかけて渡す。小太りのおばさんが恐縮していた。

 休憩を終えてわたしも出発。おっと、忘れ物はないか、指さし点検。リュックを背負って歩きだす前に、休んだ場所を一度振りかえって点検するクセをつけるのが、忘れ物防止のコツだ。

 それだけやっても、忘れるときには忘れる。
 杖を忘れて歩きだしたのは2度や3度じゃきかないし、困ったもんだ。

 ま、のんびり行こう。忘れ物防止にはそれがいちばんだし、気持ちがはやりすぎるとろくなことはない。ゆっくりが最上の策だ。

 このあたりは片側並木の道路。歩きやすい。木陰が落ちているのがアクセントになり、単調な道もリズムよく歩ける。

 順調に歩き、お昼はレリゴエス村のバルで。建物の壁一面に落書きとも思える絵や文字が描かれたバルだ。思わず立ち止まるほど目立つので、ほとんどの巡礼者は寄っていくだろう。店に入ると中の壁も文字や絵で埋めつくされていた。

▼これだけ目立てば、だれしもちょっと寄ってみたくなるような落書きバル。

▼店内の壁も細かな文字がぎっしり。なかなかいい感じで、アイデア賞もののバルだった。

 バルでお昼を食べたあと、1時間ほど歩いてマンシージャ・デ・ラス・ムラスに到着。今日の宿泊地だ。町の中心のポソ広場には市が立っていたが、買い物はあとだ。まずは泊まるところ。

▼ポソ広場の市。あとで来てみたら、市は終わっており、広場は閑散としていた。残念。

▼13世紀建立のサンタ・マリア教会。

 今日はアルベルゲでもいいか、と思って歩いていたら、オスタルの看板が目に入った。入り口のドアはカギがかかっている。同じ建物の1階がバルなので入って聞くと、案の定、受付はそこだった。

 一泊20ユーロ。料金をはらったが、しばらく待てと言う。30分ほど待たされイライラしていると、オーナーらしきおばさんがやってきて、2階の部屋に案内してくれた。行ってみると、まだ掃除が終わっていない。シーツを交換中。またまた、廊下でしばらく待ち、ようやく部屋に入る。

 非常に簡素。床も壁も天井も真っ白で、病室みたいだ。シングルベッド1台。シャワー、トイレ共同。オスタルの看板を掲げていたが、ペンシオンだった。夜中は寒そうだ.。予備の毛布もないし、厚着して寝るしかないな。

▼白一色の部屋。これでベッドカバーが白系統だったら完全に病室だけど……。

 3時半から1時間ほど町を散策。天気はいいのに気分がのらない。町の中心部を歩いただけで終わりにする。けっこう疲れているようだ。

▼黄色く色づきはじめた木やススキなどが目につくようになった。

▼教会のようだが、古さを感じさせない。入ってみると、内部も現代的で、明るかった。最近、建てられたものなのだろう。わたしとしては歴史を感じさせる重厚な造りの教会が好みだな。

▼オスタルの看板発見。Wi-Fiも使えるみたいだが、後の祭りというやつだ。気温28度。

▼城門のてっぺんに生えている草も枯れている。静かな秋の午後だった。

 本日の就寝は8時33分。念のために持ってきたユニクロのももひきをはいて寝る。あったかい。これはヒートテックタイツなんていってるらしいが、なに、昔から日本にあるももひきだ。荷物が重量オーバーだったので、悩んだすえに持ってきたが、よかった。


つづく     ページTOPへ   HOMEへ

     ◆聖地巡礼:カミーノ・デ・サンティアゴ